不安を解消するために

>

法律の無料相談は可能です

多くの窓口がある

法律に関する無料相談の窓口は、電話やメール、FAX、直接の面談、出張(来てもらう)などがあります。
これだけ窓口があれば相談する内容は、依頼者の得意不得意に合わせて選ぶことが可能です。
出張の相談ができるのは、病気などお身体のご不自由な方にはとてもうれしいものです。
まずは急ぎたいまたは緊急という方には電話がいいと思います。
相談を受けた事務所にもその緊急性が伝わるものですし、依頼者の生の声と内容を聞けるという点で状況の把握もしやすくなります。
電話の場合は、長くて30分以内が目安と考えればいいでしょう。
また、フリーダイヤルであれば電話料金は発生しないのでゆっくり説明できますし、落ち着いて面談の日程などを決めることもできます。

まずは相談の糸口として

弁護士に相談する内容だけに容易ならざる問題だと察しますが、それは内容を聞く(または読む)弁護士にとっても同じです。
しかし、直接電話するのはとても無理という方はメールやFAXを選択することもできます。
しかし、直接メールするのは状況説明など文面などもわかりやすく書く必要がありますし、不得意であったり面倒という方もいるかもしれません。
そのような方は法律相談のポータルサイトなどで投稿という形で質問をしてみることも可能です。
また、過去のQ&Aなどもあり、まずはご自分の問題と類似するQ&Aに目を通してみるのもいいかもしれません。
電話ですべてを伝えるのも難しいですし、またメールで詳細を書いてもわからないことはあります。
実際に会ってアドバイスを受ける際の準備段階と考えてもいいかもしれません。


この記事をシェアする